プレイヤーズ

2003年07月10日

戦国自衛隊

B00005HKPS.jpg「戦国自衛隊」

角川映画が送る最高のクソ映画!!
こんなのアリかよって言うぐらいの内容に大爆笑だったよ!! だって自衛隊が戦国時代にタイムスリップして、天下目指して戦うんだぜ!! それだけでおかしい。
戦車とへりでバンバン鉄砲うって、武士や騎馬隊殺して、しまいには武田信玄の首とっちゃうんだから・・・。 熱すぎる。 そんな自衛隊も戦国時代の様々な攻撃にだんだんやられだし、へりも落とされ、戦車もやられ、最後負けちゃうんだけど、戦国時代の武将達のたくましさ、そして戦術は感心させられたね!!
あと、薬師丸ひろこの子供武士の姿もうけたし、そのままなんだけど鈴木ヒロミツ、いるだけでうけたね!!

そして、この映画からオレがえた感想は、自衛隊でもなく、さらに戦国時代にも生まれなくて良かったな〜〜。って事だね!! ま〜別に自衛隊だからって、戦国時代に行かされるわけじゃないけどさ〜!!

ま、そんな感じでギャグ映画じゃないいんだけど、こんななので見てみたら!!

posted by 植田朝日 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3618142

この記事へのトラックバック